Top Message

Sunstar Engineering Group message from Top management

The origin of Sunstar Engineering Group business is from selling bicycle parts started in 1932. Motor cycle sprocket and disk brake, which have been developed from bicycle sprocket and crank, have become our main product of MC business and they are well known worldwide nowadays. Also, selling and production of rubber glue for bicycle business has developed into Chemical business that produces a high functional glue for both automobile & construction industry and sealing materials by utilizing its macromolecular chemical technology as main products. The 1st Sunstar toothpaste was made in 1946 came from the company founder’s decision to fill metal tubes, which is originally for rubber glue, by toothpaste.

In 2005, Sunstar Engineering Group put the global management head quarter in Singapore and has been expanding our business rapidly by recognizing accelerated economic globalization as a chance. We will provide high value added products and service worldwide by pursuing cutting edge technology and the best quality with our foundation spirit and “Always strive to help people everywhere achieve better health and enhance their quality of life” as a company policy.

Yoshihiro Kaneda, CEO

サンスター技研グループ トップメッセージ

サンスター技研グループは、1932年に日本で始めた自転車の部品販売が起源です。自転車用ギアやクランクから発展したモーターサイクル用スプロケットやブレーキディスクが現在のMC事業部の主力製品になり、世界的にも広く認知されています。また、自転車用ゴムのりを生産販売していた事業は高分子化学の技術へと進化し、自動車分野や建築分野で使用される高機能接着剤、シーリング材を主力製品とするケミカル事業部へと拡大して参りました。ゴムのりを入れるために自社生産していた金属チューブに歯磨を入れるという創業者の決断から、1946年にはサンスター歯磨第一号が誕生しています。

2005年、サンスター技研グループはシンガポールにグローバル経営の統括本部を置き、加速する経済のグローバル化をチャンスと捉え、スピード感を持って事業を拡充し、変化し続けてまいりました。「常に人々の健康の増進と生活文化の向上に奉仕する」を社是とし、これからも創業の精神を忘れることなく、最先端の技術と最高の品質を追求し、世界中のお客様に満足いただける高付加価値製品やサービスを提供して参ります。

取締役CEO
金田 善博